目黒女子会館とは

館長挨拶

目黒女子会館は渋谷に20分、自由が丘に15分という利便性の高さと、目黒区ならではの自然豊かな美しい街並みは住環境にとても適した場所です。卒業まで快適に安心して過ごしていただける学生会館として、自立した日常生活をそばで見守りサポートしています。
長年に渡る豊富な実績と経験は、学生の方々はもちろんのこと、保護者の方々にもご満足いただけると思います。
そんな当会館へ是非一度、見学にいらしてみてはいかがでしょうか?

写真:館長 星野秀行

スタッフメッセージ

岡田
便利で快適で暮らしやすい目黒女子会館。東京での一人暮らしの様々なサポートをいたします。目黒・学芸大学駅周辺の生活情報やお勧めスポットなどお教えします。気軽に話しかけて下さいね。
石塚
少しでもお家にいるような気持ちになって頂けるよう入館生の皆さんとはフレンドリーにお話をしています。年の離れたお姉さんのつもりでいます。皆さんが身につけているカワイイものも気になります。
髙橋
皆様方の東京での安心で安全な住環境のサポートをさせていただきます。頼もしいスタッフがお待ちいたしております。

安全

会館には24時間スタッフが常駐していますので、女性が一人暮らしをする上で心配な「不審者」や「しつこい勧誘」などをシャットアウトできます。夜間は男性スタッフが常駐しますので、強化されてさらに安心です。
防犯カメラ、オートロックで人の目以外の設備面でも安全確保します。

安心

体調を崩した時には、スタッフが病院へ一緒に付き添います。一人で心細い思いはさせません。
災害時連絡システムを導入しており、緊急時の連絡体制も万全です。

快適

個室には、備え付けの家具がありますので、入居したその日から新生活をスタートできます。
ダイニングキッチンやラウンジなどで、他校の学生さんと交流が図れるので、楽しく快適な学生生活を過ごせます。
茶道教室や料理教室も開催しており、館内で暮らす方々との親睦が深まります。

周辺環境

目黒女子会館の周りは都心でありながら緑に恵まれています。目黒駅周辺からは春の桜並木で有名な目黒川。会館の裏手に広がるのは「都立林試の森公園」です。樹齢100年を越える樹木が多数あり、野鳥も生息する都会のオアシスと成っています。
目黒には歴史ある建物も多く、目黒駅から会館への道の途中にある「大鳥神社」は平安時代の創建と言われます。さらに目黒競馬場の跡地もあり、かつてはここで第1回日本ダービーが行われ、今もバス停の「元競馬場前」にその名残を残しています。
目黒通り沿いにはおしゃれなインテリアショップやカフェもあり、老舗の料理店や菓子店などと新しいショップとが同時に息づく町です。

建物概要

  • 構造:地上11階建・鉄骨鉄筋コンクリート(SRC構造)
  • 部屋数:117室・全室同タイプ
  • 個室面積:15m2